インプラント手術の種類と費用について

インプラント手術を受けるために歯科クリニックを探している人は多いでしょう。
そのなかでどうしても気になってしまうのが費用でしょう。
というのも、インプラント手術というのは、国民保険の保険適応外のことが多いのです。
そのため、手術費用やその他諸々はすべて自己負担となってしまうのです。
インプラント手術は顎の骨をドリルで穴を開けて、人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を嵌め込むという大きな手術になってしまうのです。
だから、インプラントの費用は数十万円から数百万円とかかってしまい、当然それを全額自己負担しなくてはなりません。
でも、インプラント手術というのはいろんな種類があるものです。
それは手術方法の種類もありますし、それ以外にも人工歯根などの素材にもいろんな種類があるものです。
手術方法には1本の人工歯のために人工歯根を1本ずつ埋め込む方法もあれば、4本の人工歯根ですべての人工歯を支える方法(オール・オン・フォー)もあるのです。
一般的には歯茎を切開する必要がありますが、なかには歯茎を切開しない方法もあるのです。
さらに手術方法以外にも人工歯根の素材にもチタン・ハイドロキシアパタイト・チタンニッケル合金などがあり、それぞれ耐久性や強度・骨への相性などそれぞれにメリット・デメリットがあるものです。
それぞれで費用が違っていて、安いものもあるのです。
「安いほうが安全性や仕上がりに問題があるのでは?」と思っている人もいるようですが、それは間違いです。
たとえば、オール・オン・フォーというインプラント手術の方法では、他の方法よりも費用が安い一方で、患者への身体的な負担も小さく審美的・機能的にも優れているのです。
このように、インプラントでは決して「安かろう悪かろう」というわけではないのです。
そのため、インプラント手術を受けるときは歯科医と相談を重ねていって、じっくりと選んでいくことが何よりも大切なことだと思っています。

名古屋市で出張買取を承ります
骨董品・古道具を出張買取いたします。