私のインプラント体験です

歯医者さんへ通うことが好き!って言う人、ほとんどいないと思います。
痛くない治療も「痛い」と思ってしまう、あの恐怖心がイヤなのではないかと思います。
それでも最近の歯科医さんは、やさしくなったと思います。
ある日、チョコレートを食べていた私、前歯がポロリと折れてしまいました。
笑い話しでも、ウソでもありません。
チョコレートが歯を折ったのですから、その時笑いが止まりませんでした、後の不幸も忘れて。
慌てて歯医者の門をくぐった私ですが、先生曰く「どうします?
、差し歯にしますか、それともインプラントにしますか」と聞かれ、何故か「インプラントで」と答えてしまった私です。
それは、今流行っているような気がしてその流れに乗ってみたのです。
周りの人も「良かった」と言っていたのですから。
確かに、ブリッジにすると両側の歯も傷つけることになりますし、将来交換する必要にも迫られると言われましたので、インプラントで正解と考えたのです。
ですから将来に渡って物事を考えた時、交換する必要がない、自分の歯と同様に物を噛むことが出来るなど、良い点ばかりが目についたのでした。
ただ悪いことは、費用が高いと言うことです。
保険が利かないと言うデメリットがあるのですが、それを補うものがあると考えました。
また、なんとデンタルローンなるものがあるのです。
「どうですか」?と聞かれたけれど、意地で「現金で払います」と返事をしました。
心の中では、失敗したと思っていましたけれど、もう遅いのです。
仮歯で3ヶ月くらい我慢した後、いよいよ手術の日がやって来ました。
問診や薬を飲まされて、手術の開始です。
2時間近く、怖い思いと痛さの繰り返しだったのですが、無事終了で先生が「上手く行きましたからね」と一言、これが嬉しかったですね。
ちょっと痛い思いをしたけれど、自分の歯がもう一度生え直したと思うと、どこか気持ちが楽になったのでした。