インプラントは安心で安全です

インプラントは治療目的で体内に埋め込む器具の総称ですが、一般的に失われた歯根の代わりに顎骨に埋め込むデンタルインプラントをイメージする方が多いと思います。
デンタルインプラントは人口の歯根で、義歯の一つです。
人工の歯を使用するという意味では、入れ歯と同じですが、入れ歯が自分の意思で取り外しするのに対し、
デンタルインプラントの場合は自分の顎骨に直接埋め込んでしまいますから、より元々あった自分の歯に近い義歯ということが出来ます。
体の中に自分の体ではないものを埋め込み、追加するという話を聞くと、体に問題ではないのか、有害ではないのか、という疑問を持つ人も多いと思いますが、
もちろんそういった心配はする必要はありません。
精密な検査の結果、体内に害がないと実証されたものなので、体内に埋め込まれている、ということ自体に全く害はありません。
また、埋め込みの際のシミュレーションを顎骨のCT画像診断を使って正確に行うため、埋め込みの手術も安心で安全です。
近年の歯科では、あらゆる治療において患者にカウンセリングを行って、どういった目的でどういった治療をするのかを説明する病院が多いですが、
当然このデンタルインプラントの手術前も、CT画像などを使って分かりやすく患者に手術の流れを説明するので、患者も理解したうえで安心して手術をすることが出来ます。
術後の経過観察も、細心の注意を払って行ってくれるクリニックがほとんどです。
もちろん、安全とは言え、やはり器具の埋め込みという部分に抵抗のある患者さんもいらっしゃるとおもいますが、その点は事前に医師と話し合って、
インプラント手術を行うことがその患者にとって本当にベストなのかをじっくりと決めることが出来ます。
綿密な相談をして納得したうえでインプラント手術を決めるのなら安心で間違いがないです。
さらに、インプラントは保障も充実しています。
最近ではデンタルインプラント治療に対して10年ほどの保証をしているクリニックも多く、その点でも安心です。