二本の虫歯を抜いてからのインプラント

昔から自分は虫歯が多い人間だった為に、歳を取ったら入れ歯を装着する事になるのだろうなと以前から思っていました。
それはそれで良いのではないかと考えていたのですが、ある時ふと気になった入れ歯についての疑問をインターネットサイトで調べていると、入れ歯というのはたまに、入れ歯と歯茎の間に硬い食べ物が入り込んでしまって、かなり痛い思いをする事があると聞いて怖くなってきたんです。
自分はよく舌を噛んでしまう人間なのですが、舌を噛む事すら怖い自分にとって、入れ歯と歯茎の間に硬い食べ物が入り込むのは、余計な恐怖が更に増える事になって食事を楽しめないのではないかと怖くなり、このまま入れ歯を装着する事になるのであれば、インプラントを受けた方が良いのではないだろうかと考えて八王子のクリニックを訪ねました。
そのクリニックでは入れ歯を装着する事になった場合の注意点なども教えてもらいましたし、ボルトを埋め込んだ時の利点なども細かく教えてもらえたのが大助かりです。
御陰で特に不安なども抱くことなくインプラントを埋め込む事が出来ました。
私の場合は既に二本ほど虫歯を抜いたところに差し歯を装着していたので、これで入れ歯にする事を防げるだけでなく、差し歯が取れて何処かに行ってしまった時の面倒臭さに、もう付き合わされずに済むのかと思うとホッとしていますし、何より歯磨きを気軽に出来る様になったところが、どうでも良いストレスに付き合わされていない感じがして好きです。