入れ歯にするなら断然インプラント

私の祖父は、奥歯が部分入れ歯となっていたのですが、いつも食事のたびに口をモゴモゴさせつつ、入れ歯が合わない、うまく嚙めないと愚痴っていました。
それに毎回、部分入れ歯を外して洗浄しなければいけないのも面倒だし、これが死ぬまで続くと思うと嫌でたまらないと、あまりにそればかり言うので、インプラント手術を受けてみたらと薦めることにしました。
インプラントは顎に人工の歯根を埋め込むことで固定させ、その上に歯間を乗せてくっつけるので、見た目にも本物の歯とほとんど違いがありませんし、実際の嚙み心地も本物と変わらないそうですからね。
そこでさっそく地元で通いやすい所にある信頼できそうなクリニックを探して、治療を受けに行ったのですが、手術と言うからには痛かったらどうしようと不安を覚えつつおこなったものの、実際は麻酔のおかげでそんなこともなく、何より部分入れ歯と比べて嚙み心地が全然違って、良く嚙めるようになったと喜んでいました。
ものをうまく嚙めないと美味しく感じられないでしょうから、本当に良かったと思いますね。