インプラントをしてよかったこと

インプラントは歯を失ったひとに歯科医が施す最新の治療法のことです。
あごを削って特殊なねじを歯茎の中に入れ込み、人工歯を造る治療法のことをいいます。
こう書くと少し怖いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、普及が進んできて街の歯科医でも普通に治療項目に入っているごく一般的な方法です。
同じような治療で使われる入れ歯とは違い、噛む力が歯を失う以前とほぼ変わらないとのことで、最近はこちらの治療を希望する患者さんが急増しているとのことです。
ですがやはり近年になって、入ってきた新しい治療法であることが肝心の歯科医師が技術を学ぶべき学生時代に習得していないとため技術が画一化されていないという問題がありました。
しかしそんな時期も乗り越え、マスメディアなどでもこの問題は比較的大きく取り上げられたこともあり、きちんとした治療の方法を確立して学んでもらおうという気運が高まってきています。
私の家族もつい最近インプラント治療を受け終えましたが、ほぼ満足したとの感想でした。
医療技術はどんどん進化しています。
口内の健康は体全体の健康ともいわれること。
十分に話し合って、インプラント治療を積極的に受けたいものです。