デンタルインプラントの治療を受ける

インプラント治療にはいくつかの種類があり、通常は医療の一環として体内に埋め込む金属や治療器具のことを指します。
インプラントを埋め込むケースとして典型的な例は、大きな事故などで体の各所を複雑骨折したような時に、複雑骨折した骨を支えるボルトを埋め込んだり、リュウマチで変形してしまった骨を本来の位置に戻す矯正用ボルト等々です。
歯科医院でインプラント治療は、失った歯の治療として顎の骨にチタン製の歯根を埋め込む手術を、デンタルインプラントといいます。
歯科インプラントとか、人工歯根、口腔インプラントという場合もあります。
デンタルインプラントは、主に顎の骨に穴を開けて、合金(最近は主にチタン製)のインプラントを埋め込んで、人工製の歯を取りつける治療となります。
従来の治療方法である入れ歯やブリッジと比較すると、外科手術が必要ですが健康な周囲の歯への負担が全くないのが特徴です。
他にもデンタルインプラントの特徴として、自分の歯とほとんど同じ見た目に仕上がります。
入れ歯とは違って骨に埋め込む事でがっちり固定されますから、違和感、異物感がありません。
入れ歯はどうしても口の中で動いてしまいますが、デンタルインプラントは自分の歯と感覚が同じになるので、話す時も発音に影響しません。
北海道では札幌市内にデンタルインプラントの治療経験が豊富な歯科医がいくつもあります。
インターネットで口コミを検索したり、友人、知人の口コミなどを参考にして、経験豊富な歯科医院で治療を受ける事をおすすめします。